Brandingブランディング支援

エルのブランディング支援

私たちの願いは、お客様の商品やサービスが、想起され、選ばれ、永く愛される存在になることです。
私たちは、その価値を明確にし、正しく発信し、育てていくためのクリエイティブを提供します。

たくさんの選択肢のなかから、「〇〇さんだからいい」と選ばれる。
日々の施策や言動に一貫性が生まれ、顧客との信頼関係が強くなる。
その積み重ねでさらに価値が高まり、時代が変わっても色褪せない、いつまでも愛される存在になる。
お客様のそんな未来を、思い描いています。

デザインやことばの力で、
愛されるブランドづくりをお手伝いできれば嬉しいです。

  1. アイデンティティ
    デザインロゴ・キャッチコピー
  2. Webサイト
    ECサイト
  3. パンフレット
    名刺・封筒
  4. チラシ・ポスター
    各種販促物
  5. サインデザイン
    看板
  6. 社内・店内
    ツール
  7. パッケージ
    包装紙

ブランディングの流れ

企画・戦略

ヒアリング・リサーチ・ゴールの設定・コンセプトづくり

まずはヒアリングを通じて、お客様のことをしっかり理解します。
ブランディングの目的は、「認知度を上げたい」「顧客との関係性を深めたい」など様々です。目的に沿って市場や競合の調査を行い、「価値を、誰にどうわかってほしいか」「どんな状態になることが望ましいか」といったゴールを定義。そのうえで、ブランドの軸となるコンセプトを丁寧につくっていきます。

アイデンティティデザインの制作

ロゴ・キャッチコピー

商品やサービスの特性を、ビジュアルとことばで表現します。
ブランド価値を視覚化することで、認知される機会が増え、共感してくれる人と出会うきっかけが生まれます。また、組織内でもロゴやコピーが拠り所となり、「この価値を大切に育てていこう」という意識が高まります。

各種デザインへの展開

Webサイト・名刺・パッケージ・パンフレット・チラシ…etc.

コンセプトを軸に、ブランドを育てるために必要なデザインを制作します。長年の知見と経験を活かし、Web、グラフィックの垣根を超えた展開をすることが可能です。ブランディングの一助となるツールを、幅広い選択肢の中からご提案します。

ブランディング事例

エルのブランディング事例を紹介します。観光施設、教育施設、病院、飲食店、工務店etc…多種多様なお客様のブランディングをお手伝いさせていただいています。

フルーツ&ブレッド サンチ

長野市権堂に本店を構え、県内に幅広く展開するサンドイッチ屋「フルーツ&ブレッド サンチ」のブランディング。店のオープンにあたり、コンセプトワークからネーミング、ロゴデザイン、外観デザイン、Webサイト制作を担当しました。
丁寧に作り込んだ耳まで柔らかいパンと、信州の恵みを一身に受けたフルーツ、地産地消へのこだわりなど、サンチにしかない魅力を引き出し、「サンチ」というブランド認知が広がるよう支援しました。

長野安全自動車

長野市を拠点に、県内全域の特殊車両や一般車両の整備・販売等を手掛ける「長野安全自動車」様のブランディングを支援しました。企業理念の策定からブランドコンセプトの設定、それらを軸にロゴ、Webサイトへと展開しました。黙々と堅実に機械と向き合いつつ、その先にいる人のことを真摯に考えている。そんな姿勢を言語化するために、あまり語らず、過剰にならず、姿勢を堂々と表現することで「らしさ」を一貫させています。

関工務店

長野市でリノベーションや新築住宅を手掛ける関工務店様のブランディングを行いました。2019年10月の台風被害を受け、地域復興に邁進してきた関さん。だからこそ、ひとと住まいを守る「安心・安全」な家づくりをすることが、関工務店の使命だという思いを抱いていました。そんな思いをかたちにするため、丁寧にヒアリングを重ね、コンセプトから共に作りあげていきました。
「安心安全な家づくり」というコンセプトを元に、安心・安全な家が並ぶ未来=目指したい景色を表す新たなロゴを制作。暮らしの中に宿る「安心感」を伝えるべく、これまで関わってきた施主様から、当時の思い出とともにその後の暮らしぶりや家の様子を聞き、一つ一つを物語としてWebサイトに掲載しています。

コトリの湯

長野市松代町にある日帰り温泉施設「コトリの湯」。
「あたたかな巣箱のなかで巣籠もりするコトリのように、リラックスして過ごせる場所をつくりたい」。そんな想いで作られた施設の雰囲気をデザインに反映させ、様々なツールに展開しました。
ウェルカムサイン、館内サイン、のれんは、コトリをモチーフにしたシンボリックでユニークなデザインに。地元産の食材にこだわったレストランのメニューブックは、食材の魅力がしっかりと伝わるよう、洗練されたデザインに仕上げています。

愛宕幼稚園

新潟県十日町市の認定こども園、愛宕(あたご)幼稚園のブランディングを行いました。
園の「らしさ」は、70年間幼児教育を行ってきた教育の実績と経験を活かしつつ、時代の変化に合わせた新しい教育・サービスを積極的に取り入れている姿勢。コンセプト設計から、各種デザインツールへの展開を行いました。

市川眼科医院

長野県須坂市にある市川眼科医院のブランディング。ロゴの制作から、診察券や看板といった各種デザインツールへと展開を行いました。
ロゴは、市川の「い」と、眼科の「目」をシンプルに図案化。ひと目でわかるアイコンとして表現しました。ロゴを入れることで、自社ツールや全ての物をキャラクター化して展開。親しみやすいシンボリックなデザインで、多くの人から認知され、「あ、市川眼科だ」と思い出してもらえるよう支援しました。

はなのみ

長野市に生産工場と店舗を構えるジャム会社、はなのみ様。国産の果物にこだわった「日本の果実」シリーズの発売をきっかけに、ブランディングを支援しました。「毎日、口にするものは、楽しみながら安心して食べられるものでありたい」をコンセプトに、グラフィックからWebへ展開。国産果実を使用した商品パッケージ全般のデザインを手がけています。

農家ブランディング事例

長野市を拠点とする私たちは、長野県を中心とした農家のブランディング支援にも取り組んでいます。
農園、商品、働く人、思い。その一つひとつが、唯一無二の「らしさ」です。それをかたちにすることで、農家さんの商品や取り組みが、「選ばれ、思い出してもらえる存在」になれるようサポートします。
商品や農園の魅力をどう伝えるかといった企画から、「らしさ」を表現したロゴやキャッチコピー、製品パッケージなどの制作、Webでの販売の仕組みまで、一括で提供できるのが私たちの強みです。

山下フルーツ農園

飯綱町にある山下フルーツ農園様のWebサイトのリニューアルに伴い、リブランディングを行いました。
コンセプトの再定義からキャッチコピーの制作も担当。カフェやフルーツの品種など、キャッチーな特徴を通して山下フルーツ農園の魅力と理念を伝え、さらなるファンの増加を目指しています。

浦野りんご園

浦野りんご園は、りんご作りを始めて約80年。北信濃、千曲川のほとりの肥沃な地で太陽の光をいっぱいに受けたりんごを栽培している、りんご栽培専業の農家です。
「既存のお客様とのコミュニケーションを深くしたい」という要望に応えるべく、りんご園の今がいつでもわかるようなWebサイトを制作しました。季節にあわせて、トップページのりんごの木(イラスト)が毎月さし替わるところが見どころです。収穫時期もそうでないときも、農園の様子をうかがい知ることができる仕上がりとなっています。

アップルファームさみず

生産者グループ「アップルファームさみず」は、“りんご村”とも呼ばれるりんごの名産地・長野県飯綱町旧三水村で、特別栽培農産物の認証を受けた環境にやさしいりんご生産に取り組んでいます。
旧三水村からの歴史と、独自の理念で経営してきた活動を伝えるため、りんごそのものよりも、土地と人と作物の関係で作られるさみずの豊かな環境をアピールしました。

やまだい農園

やまだい農園様は、信州りんご発祥の里長野県長沼で、100年以上りんごをつくり続けています。元々Webサイト制作のみの依頼でしたが、やまだい農園独自の価値を伝えるために、ロゴから制作することをご提案しました。
ロゴは、100年という農園の長い歴史を感じさせつつも、フレッシュな印象に。ヒアリング時にうかがった「家族仲良くけんかしながら作業しています」という言葉から、家族経営の手作り感がある、少し無骨なイメージを表現しています。