Works制作実績

Visit Site

子どもが農園で遊ぶ姿が、 豊かな環境を証明する。 フルーツはもっとおもしろい。

山下フルーツ農園

Web

Visit Site

Outline

飯綱町にある山下フルーツ農園様のWebサイトを、7年ぶりにリニューアルしました。この7年間での変化をふまえ、強みを再確認し、ファンづくりまでの導線設計を再考しました。
「フルーツの味や魅力、カフェや宿で環境を体験し楽しんでもらうことを通して、農業・地域への関心を持ってもらい消費者とつながる」。これが、山下フルーツ農園様の願いでした。Webサイトがその一助となるよう、構成、コンテンツ、デザインを見直しました。

Planning

<サイトの目的>
・食のカフェやフルーツの品種などキャッチーな特徴を通して山下フルーツ農園の魅力と理念を伝え、さらなるファンの増加を目指すこと
・フルーツの味や魅力、カフェや宿で環境を体験し楽しんでもらう事を通じ、農業・地域への関心を持ってもらい消費者とつながるための接点とすること

<背景>
7年前に比べ、山下フルーツ農園は様々な変化を遂げました。「CAFE 傳之丞」ができたことで、訪れてくれるお客様が多くなり、力を入れていた海外種のフルーツが、製菓用として注目されるようになってきました。
それにより「強み」、「ターゲット」、「選ばれる理由」が以前より明確に設定できるようになりました。
カフェやフルーツの品種などキャッチーな特徴を通して山下フルーツ農園の魅力と理念を伝え、さらなるファンの増加を目指します。

<ターゲット>
・食の安全安心・食育・環境などに興味の強い12歳くらいまでの子供を持つ親世代
・お菓子作り・料理に利用する珍しい品種のリンゴに興味のある人

Design

<コンセプト>
「子供が育つ農園」
「農業の大切さ、環境とのかかわり、おもしろさを、沢山の農産物・スイーツ・環境を通して子供たちに感じてほしい」
「自分の子供がこの場所を体験したら、フルーツを食べたら、ケーキを食べたら何を感じてどんな反応をするだろう?」
親世代にそう思ってもらうことで、農園に興味を持ってもらえるようなサイトを作成しました。

<コピー>
今まで築きあげてきた歴史、資源といった「軌跡」、新しい可能性を模索する「未来への姿勢」、自分達のやってきたことをたのしく、おもしろく伝えたい⇨「体験してほしい」という思い。大切にしている3つの思いを、「フルーツは、もっとおもしろい」というコピーに込めました。

<サイトデザイン>
フルーツのポップな感じや瑞々しさを表現することを心掛けました。
具体的には、フルーツの実がなり膨らんでいく様子をイメージした写真の枠を作成したり、ロゴの下の果汁がしたたるようなふくらみを取り入れたりといった技巧を凝らしています。
また、作っているフルーツの種類の多さを表現するための工夫もしています。
ロゴがいろいろな色が入っていることを生かし、イラストの色やマウスストーカーのホバー時の色などで、フルーツの多様さと華やかさをサイト全体から感じてもらえるよう意識しました。

Project Data

Client
株式会社山下フルーツ農園
Place
長野県飯綱町
Launch Date
2021.5
Url
http://www.yamashita-fruit.com/
Industry
Director
清水大蔵
Designer
清水大蔵
HTML Coder
清水大蔵
Illustrator
山岸明日香
Engineer
小林宗太 [栗の木デザイン]
Photographer
内山温那 [ナノグラフィカ]